2006年03月05日

「平和をともにつくろう!市川集会」(主催:戦争はいやだ!市川市民の会)に行ってきました。

3月4日(土)午後1時30分から市川教育会館で行われた「平和をともにつくろう!市川集会」(主催:戦争はいやだ!市川市民の会)に行ってきました。

参加したのは,勝亦さん,上田さん,峰田さんとその紹介で今回,朗読劇「月光の夏」のピアニストに立候補してくれた江口さん。高橋さんは江口さんとお話しして帰りました。

江口さんは,峰田さん以外,はじめてお会いするので,皆さんでお昼を食べようということで,午前11時にJR本八幡の改札で待ち合わせました。

菅野にお住まいのピアノ講師。江口さんはショパンとモーツァルトが大好きなとても素敵な方でした。
06_03_04_19_28.jpg

さすが,峰田さん,お目が高い!

『地球村』のことはご存じなかったですが,ボランティアには関心をもっている方でした。
だからそこ,集会にも参加してくれました。

さて,「平和をともにつくろう!市川集会」ですが,まず,「今日の平和と人間性の危機」というテーマで,元明治学院大学学長の森井 眞さんが講演をしてくれました。
06_03_04_13_43.jpg

森さんのお話で印象に残ったことをいくつかご紹介しましょう。

太平洋戦争中,軍隊に配属されて衣食住足りた生活をしていたが,通りすがりの橋のたもとに座って身体の蚤をとっていた乞食を見て,正直とても羨ましかった。
宿舎に戻ってからもしばらくはそれで胸がどきどきしていた。
それほど自由というものがない。
「人の世ならぬ理性なき地」それが軍隊だった

これからの世界に求められていることは,心が深くなること。
かけがえのない存在としてお互いの尊厳を認め合った市民どうしが暮らすことが必要だ。
人間の尊厳の方がお金より大事なはずだ。

イラクで人質になった,高遠さんという女性。
彼女はごく普通の女性だった。
ところが,マザー・テレサの慈悲に触れることによって,他者の痛みが自分の痛みになった。
子供達の痛みが分かるので,危険を顧みず,イラクに入った。
ところが,日本では「自己責任」論を展開して,彼女たちを誹謗中傷した。

高遠さんこそ,心の深い人,想像力が豊かな人,他人の痛みが分かる人だ。

靖国神社は,戦争犯罪者を顕彰する場。
だからこそ,戦争中にひどい目に合った,中国・韓国が敏感に拒否反応を示す。

今の日本は「安楽への全体主義」と言った人がいた。それは言い得て妙だ。

戦争は,歴史的に言っても至る所で起きてきた。

第1次大戦後,さすがに平和を願う政治家が出てきた。
1928年に締結された不戦条約はまさにその象徴で,侵略されない限り戦いを放棄する条約だった。
その根底になるのは非戦闘員の戦死があった。
当時,非戦闘員の死者の割合が,戦闘員95に対して5あったのが衝撃だった。

しかし,第2次大戦のときには,非戦闘員の死者の割合が大幅に増え,戦闘員が52に対し,48までになった。
日本でも沖縄では非戦闘員の死者は,戦闘員の死者の3倍に昇った。

アウシュビッツ,東京大空襲,広島,長崎への原爆投下…。
犠牲になったのはすべて民間人だ。

以上です。

講演のあと,行われたQ&Aがありました。
「森井さんの経歴から言って,クリスチャンだと思いますが,当時,クリスチャンは戦争に反対しなかったのでしょうか?確か,札幌の方では戦争に反対した人もいたと思いますが,いかがでしょう?」

「当時のクリスチャンは戦争には反対できなかった。それどころか,戦闘機1台を献納したほどだ(その「過去のあやまり」に対して,戦後,キリスト教教会では謝罪文を発表したが…)。
アメリカのブッシュ大統領の演説を聞くと,神という言葉が盛んに出てくるが,「イエス」とは言わない。
神の名においてイスラムを殺すことはできても,イエスの名においてはそれはできない。
イエスは人を殺していいとは言っていない。確かに,当時,ホーリズムの牧師さんたちは戦争に反対して拷問に遭い,殺された。でも,私は拷問なんて耐えられない。そういう意味で,私にとって宗教は現実逃避だったのかも知れないが,普通の人が戦争反対と言える国にしたいと思う」

森井先生の講演のあと,漫画家の橋本勝さんの自書の感動的な朗読があり,それで,1部が終了しました。
06_03_04_15_10.jpg

2部では各団体のリレートークがあり,わが市川グリーンネットワークもお時間をいただき,「月光の夏」の上演についてPRを行いました。

代表の勝亦さんがスピーチを行い,その間,持ち込んだCDラジカセでピアノソナタ「月光」(演奏:バレンボイム)を流しました。
スピーチが終わって後半の時間は「月光の夏」のダイジェスト版DVDをスクリーンで触りだけ見ていただき,主催者の方から,「凝っていますね!」とお誉めの言葉をもらいました。

posted by 行徳のマグマ大使。 at 02:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

ケーブルテレビ(市川FM)収録に伴う説明会の開催について

市川市市民生活部 ボランティア・NPO活動推進課の五十嵐課長から,「1%支援制度」応募(申請)団体様宛に,平成18年2月21日の日付けで,記事タイトルの案内がきました。

「日頃より,本市のボランティア・NPO活動推進にご理解,ご協力をいただき,誠にありがとうございます。また,このたびは,平成18年度市民(納税者)が選ぶ市民活動団体支援制度(1%支援制度)に応募(申請)くださりありがとうございました。(99団体から申請がありました。)
 さて,標記の件につきまして,本制度において審査会の審査を通過した「支援対象団体」の活動や事業内容をを広く市民に知っていただき,市民(納税者)から団体への支援届出につなげるため,昨年と同様に,ケーブルTVによる団体PR放映を予定しております。そこで,放映のための収録を行うにあたり,収録日・時間等詳細についての説明会を下記の通り開催しますのでご参加下さるようお願いします。なお,放映する団体は審査会の審査に通った「支援対象団体」のうち,放映を希望される団体が対象ですが,審査の結果通知が3月中旬になることが予想されることから,本通知は応募(申請)された全ての団体に通知させていただいております。予めご了承下さい。

         記

●収録説明会
 ○日時 平成18年3月17日(金)午後6時〜
 ○会場 市川市 職員研修室(八幡3ー4ー1アクス本八幡2F ボランティア・NPO推進課隣)
 ○内容 ・団体PR放映日,時間,形態等についての説明
      ※1団体の放映時間は30秒を予定しています。
     ・収録日,時間,方法について説明
      ※収録日は3月24日(金)(17:00〜),25日(土)(10:00〜21:00),26日(日)(10:00〜17:00)を予定しています。 
     ・抽選(貴団体の収録日,時間について公平を期すためにくじ引きで決めます)
 ○その他 参加は会場の都合により,各団体を代表して1名でお願いします。

問い合わせ
ボランティア・NPO活動推進課 
TEL(326)1284
posted by 行徳のマグマ大使。 at 00:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

いちかわグリーンネットワーク規約

千葉県市川市で活動している,私たちいちかわグリーンネットの規約をご紹介します。

============================
いちかわグリーンネットワーク規約

第1条(目的)
    いちかわグリーンネットワーク(以下;本会)は、環境NGO・ネットワーク「地球村」の理念である永続可能な社会(環境調和社会)の実現を目指し、地域に対して啓発・実践・提言の活動を目的とする。
第2条(名称)
    本会は、いちかわグリーンネットワークと称する。
第3条(所在地)
    本会の事務局を千葉県市川市高石神27−21に置く。
第4条(会員)
    本会の会員は、市川市内及び近郊に住む、環境NGO・ネットワーク「地球村」の会員、賛同者(サポーター)として登録している者、及びこの目的に賛同する者とする。
第5条(役員)
    本会には、以下の役員を置く。
    代表1名、事務局1名、会計1名、広報1名
第6条(役員の任期)
    役員の任期は1年とする。
第7条(運営)
    本会は、月1回以上のミーティングを開催し、本会の活動及び重要事項について
    議論する。
第8条(規約改正)
    本会の規約は、ミーティングに出席した会員の過半数の同意により改正すること
    ができる。

付則
  1.本会の規約は、平成14年6月1日から適用する。
  2.本会は平成18年1月1日より、名称をいちかわ「地球村」から、いちかわグリーンネットワークに名称変更する。

===========================
以上です。

規約でお分かりのように,わたしたちは,ネットワーク『地球村』の会員の集まりです。
環境だけでなく,戦争と平和や,世界の不公平についても学んだり,活動したりしています。

毎月1回メンバーのためのミーティングをしていますので,ぜひ遊びに来てください。
ウェブページは
http://www.h4.dion.ne.jp/~ichkw-ev/ です。
posted by 行徳のマグマ大使。 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

支援制度の申請に行ってきました!

2月9日(木)の午後
予定より1日早く,支援制度の申請に行って無事終了しました。

17年.jpg
◎NPO室の去年のパンフ

9日に行って正解でした。
文書の修正もありましたので,パソコンを借りてその場で直しましたし,最終締め切り日の10日だと去年は40団体ぐらい来たので,係りの人はこまかく見てあげることができないくらいだったそうです。

NPOコ.jpg
◎ゆったりとしているNPO室

担当はNPO推進課の板垣さん。
書類を丁寧に精査してくれました。
(皮肉ではなく,暖かい目でこちらの意図を汲み取るような感じです)

まず,言われたのは会計報告。
本当ならイベントだけでなく,会の普段の活動が分かるようなものがないかと言われたので,うちは会費もとってないし,会場費もただなので,費用がかからない。
市川市の環境フェアーへの出展も金はかかっていない。
イベントのときだけ会計報告が必要になると言いました。

結局昨年はMMだけで何もイベントをしていないので,板垣さんは分かってくれましたが,
外から見ると,何も活動していないようにとられる。

市民の人がHP上で見たときに,そのへんの事情が分かるようにしてほしいとの指摘ももっともなので,会計報告の下に書き加えて欲しいと言われたので,その旨を書き加えました。

「◎平成17年度は、会員間のミーティングと市川市の環境フェア―への出展のみで、事業の実施はございません。
 ◎会の会費は徴収しておりませんので、会計報告は、イベント開催ごとに行っています。」

この辺は今後の会の運営にも関わってきますので,今度のMMでも検討する必要があるでしょう。
たとえ,お金がかかってなくても,市民への公開を前提に,MMを含めて,いつなにをどこでやったのかを記録しておく必要があると僕は思いました。

そとから見る人には,我々の会が何をやっているのかが分からないし,お金が全然かからないのであれば,一度行ってみようかなという人も出てくるかもしれません。

お金がかからなくても我々の活動を透明にする必要がある,とくに,名前も新しくなりましたので,よけいそれを感じました。

それと,市の広報の入場料を申請書に合わせるように言われました。
入場料は1500円です。

ということで,若干の手直しがありましたが,無事,申請が終わりました。
我々の番号は47番です(まだ仮の番号ですが…)。

話は変わって,スピリチャルな話ですが,今年の私は,11という数字に縁がありそうです。
29年生まれと言うこともありますが,
どうしてもこの日に行きたくなって前の日夜中の2時ごろまでに書類をすべて用意して行ったのが,2月9日。
そして,もらった番号が47番。

昨日電話で呼び掛け依頼のあったチャリティーコンサートの開催日が4月16日…。

また出てきたと思って,ちょっと恐くなりましたが,天が味方についてくれているといった感じもしています。
posted by 行徳のマグマ大使。 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

劇団東演の新年会に行ってきました。

1月28日15時から下北沢の劇団東演のホール「パラータ」で新年会がありました。

雪がけっこう降っていましたが,予定の30名の皆さんが来ていました。

この日は制作の高橋さんに,申請書類を見せて「月光の夏」の講演会のPRで協力をお願いしたいということもあり,参加させていただきました。

さすが,劇団の新年会です。
出席された皆さんを結婚式の招待客に見立てて,その披露宴で花嫁が誘拐されたという設定で行われました。犯人の要求は,そのまま結婚式を続けろという要求なのです。

新年会の乾杯も,出席された主賓客の方が,劇団員ではないのですが,「では,皆さん,花嫁さんが無事解放されることを祈って乾杯しましょう!」と即興劇でセルフを言うのです。

各テーブルでも一人一人代表で挨拶させられて,私の座った席では私が代表でマイクを持たされた。私も「ご結婚おめでとう」とはじめて,
「私の地元の市川市でもぜひ月光の夏を上演したいと思います」と締めくくると,皆さんから盛んな拍手をいただきました。

「披露宴」では,歌あり,ゲームあり,踊りありで,とても楽しい新年会でした。
腕相撲.jpg
◎ゲームの腕相撲

料理は若手俳優の皆さんの手作り。ウェイトレスは秋葉原のメイド喫茶の「萌え」の出で立ちで,独身の僕はきょろきょろしちゃいました。

最後は花嫁も解放されてメデタシ,メデタシ!
花嫁と花婿は「引き出物」をもらって帰る僕たちを見送ってくれました。

雪の降る夜,とても楽しい新年会でした。
花代ね.jpg
posted by 行徳のマグマ大使。 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

下総中山の「フレンドリー」でMMがありました。

1月22日午後2時から下総中山のオーガニックレストランの「フレンドリー」で,メンバーズミーティング(MM)がありました。

レストランフレンドリー.jpg
◎フレンドリーの外観

この日の議題は,支援制度への参加についてでした。

申請は2月10日が締め切りなので,次回のMMでは今回大筋を決定する必要がありました。

参加できない方もいましたが,参加した方々からは,朗読劇「月光の夏」の上演の方向で賛同を得ました!

よかった!去年から言い続けてきた甲斐がありました。

去年,戦後60年を迎え,一つの時代が終わったという意識があって,それを僕たちが受け継ぐのかという課題が与えられた気がしてならなかったのですが,僕は一つの答えとして,この朗読劇の上演を思い立ったのです。
この企画をどうしても成功させたいと思います。

それが来年,再来年の僕たちの活動につながっていくように思えてなりません。
今年はいろいろあって決して暇ではないですが,頑張りますので,応援よろしくお願いします。


劇団東演HP
http://www.t-toen.com/tour.htm

関連記事
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroasakawajp/8983401.html


posted by 行徳のマグマ大使。 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

1%支援制度の講演会と団体応募説明会がありました。

2006年1月14日に市川市民会館ホールで,1%支援制度の講演会と団体応募説明会がありました。
看板.jpg

講演会の講師は,宮脇 淳先生
宮脇.jpg

現在,北海道大学で公共政策大学院の院長です。
昨年のクローズアップ現代で,市川市の1%支援制度が取り上げられたときのコメンテイターでした。
市川市の1%支援制度について肯定的な評価をしてくれたので,この日の講師になったと思います。
「1%支援制度が地域を変える!!」というテーマで約1時間講演してくれました。

講演では,この制度によって,市が直接関与するのではなく,市民が市民と市民の言葉で直接出会える場をつくったことが一番評価できるとの話がありました。

行政側が枠をつくり,それを見守る側にいるのです。
市民同志の交流がそこに無理なく生まれるという考え方はとても刺激的でした。

昨年は,81団体の申請があったことも市川市の市民の意識の高さが感じられます。

投票率は,25万人都市のうち,6000人とまだまだ低いですが,これがかえってチャンスになると思いました。
大型企画の時代になると予感しました。

講演会の後,休憩を挟んで,団体応募説明会がありました。
概要の説明と申請書記入方法についての質疑応答がありました。
申請書が市のWebページからダウンロードできることを知って安心しました。

それと,イベントを企画していて,集まった支援金の多寡によってイベントの見直しができることも肩の荷が下りたような気がしました。

どちらにしても,これからが出発点です。

10月の開催までいちかわグリーンネットワークの皆さんと一緒に頑張ります。

会場の様子.jpg
posted by 行徳のマグマ大使。 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

はじめまして!

images 2.jpg

行徳のマグマ大使と言います。

私たち,いちかわグリーンネットワークでは,今年のイベントとして,朗読劇「月光の夏」の上演をすることを決めました。

この記録は,今年10月に朗読劇「月光の夏」を上演するまでを描きます。

よろしくお願いします。
posted by 行徳のマグマ大使。 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。