2006年08月06日

朗読劇「この子たちの夏」を観てきました。

この子たちの夏.jpg

8月3日の夕方,地元行徳文化ホールで行われた朗読劇「この子たちの夏」を観てきました。

この朗読劇は「あの日」の記憶を語り継いでいます。
あの日,それは,1945年 8月6日 広島、そして8月9日 長崎です。
この「この子たちの夏」はちょうど被爆40年にあたる,1985年にはじめられました。
あれから21年。
語り継いだ「あの日」の記憶は,この日の行徳につながりました。

6人の女優が、被爆した親子の手記を読むという実にシンプルな舞台です。
被爆した母たちを中心にして、多岐にわたる手記・記録・詩歌の中から、
演出家・木村光一が構成・演出した脚本を6人の女優たちが朗読します。
舞台には特別なセットは何もありません。
背景に映像が投射され、音楽と効果音,それと照明で、朗読劇が展開されます。

舞台で代わる代わる静かに読まれる被爆した親子の手記は,初演当初から大きな反響を呼びました。
幼くして被爆して死んでいった子供達の無念さと,子を思う親の一途なせつなさが涙を誘います。
生き残って原爆症に悩む子供たちもまた地獄でした。
青春を生き地獄として生きた子どもの遺稿は,聴く人の涙腺を思いきり刺激します。

上演を行うのは地人会。
6人の女優とともに、毎年夏になると全国を巡演しています。
その数は,去年の8月で全国373市区町村。
ステージ数も719回を数えました。
「この子たちの夏」を上演したいと思う全国の人々の熱意の賜物です。
行徳にこの朗読劇を持ってきてくれたのは市川おやこ劇場というNPO法人でした。


『広島と長崎への原爆投下という出来事が、海外では“ヒロシマ・ナガサキ”として平和運動の象徴とされている一方、国内では逆に、被爆体験は単なる歴史上の一事件であると見なし、不運な過去の記憶として忘れ去ろうという風潮があります。
しかし、戦争による唯一の被爆体験を持つ私たちが、この記憶を礎(いしずえ)としなければ、あの出来事に一体何の意味があるでしょうか?

あの出来事の中で浮かび上がってくるのは、被爆者の悲惨だけではありません。
母なるものの情愛の深さ、子供たちの未来と平和への願いと祈り――
「生き抜く強さ」に代えてゆくべき凛とした思い、
そういう気持ちで胸が満たされるのを、きっと感じることでしょう。』
(地人会HPより)

奇しくも今日は,広島原爆の日。
61回目の夏のこの日,もう一度,あの日を思い起こして,今の私たちの原点を見つめたいと思います。


◎朗読劇 『この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ』 
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~CJK/konoko/konoko_fs.htm

◎NPO法人 市川おやこ劇場
http://gekijyo.blog48.fc2.com/

◎写真出典
http://www.p-rg.com/wind/tedium01.html
posted by 行徳のマグマ大使。 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーなどのイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

1%支援額が決定されました。

変更届け.jpg

我々が支援を求めて活動していた,1%支援制度の支援額が決定しました。

61500円です。

目標の47万円には程遠い金額でした。
残念ですが,これが今の我々の実力です。

市川市内に足場をもっていない人間がほとんどだったのが主な原因だと思いますが,今回の活動を通じて知り合えた方々もいらっしゃるので,来年以降が楽しみだと思います。

さあ,10月の上演日をめざしてもう一度ギアを入れ替えましょう!

posted by 行徳のマグマ大使。 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

最終のミニイベントに劇団東演の方が来てくれました!

この日は,行徳の文化ホールI&Iでのミニイベントでした。
ミニイベントはこの日が最後です。

劇団東演の高橋さんと山田さんとは,お昼の12時に行徳の駅で待ち合わせをしました。

ランチを食べながら打ち合わせをしようと思ったのです。
ランチには,上田さんと高橋さん,山浦さんと勝亦さんが来てくれました。

5分間の団体PRをどうするか…

今までは,勝亦さんや峯田さんが1人で通しでナレーションをしてくれました。この日はせっかく俳優さんが来てくれたので,山田さんにメインの部分をお願いしようということにしました。

それで,はじめに高橋さん,最後の締めくくりは山浦さんということでお願いすることにしました。

山田さんには折角なので,アドリブで朗読劇の素晴らしさとか,この月光の夏で何を訴えたいのかを語ってもらうことにしました。

それから,そのファミレスでそのリハーサル!

高橋さんが読み上げて,山田さんが続きます。

「皆さん,朗読劇は朗読ではありません。劇なのです。役者は本を開いてはいますが,もちろん,すべて覚えています。毎年全国で上演され,8月15日前後では東京で上演されます。
私は特攻隊員にピアノの楽譜を渡した,音楽の先生の役で出ることが多いのですが,彼等が特攻隊として飛び立ったのは,彼らより若い人たちを助けるためです。彼等が命を捨てたのは今の私たちを生かすためでした。それを忘れないでほしい…」

全体で5分をちょっとオーバーしました。
でも,素晴らしいナレーションです。

そして,本番。
ちょっとオーバーしましたが,リハーサルもしていたので,堂々と終わることができました。

皆さん,ご苦労さまでした!

prezentation.jpg

after.jpg

アフターで劇団東演のお二人を囲んで,お茶を飲みました!
posted by 行徳のマグマ大使。 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

ミニイベントお疲れ様でした!

今日はお疲れ様でした。
峯田さんのナレ−ションも,ご自身の経験も踏まえてとても良かったです。

mineta2.jpg

ところで,今回のイベントで素晴らしい方とお知り合いになりました。

92番でエントリーした楽譜点訳の会「ポコ」です。
プレゼンした沢村さんとお話をしました。

彼等は楽譜点訳のパイオニア的な存在で,年間200件ほどの点訳の依頼があるそうです。
それをすべてボランティアで点訳しているので,それで手一杯。広報活動もできなかったのですが,折角点訳しても点訳を頼んだ演奏者が公衆の前で演奏する機会がなかなかないそうです。
できれば,市内で演奏する機会を与えてあげたいと思っていたとのこと。

今回はピアニストが決まっているので無理ですが,もし次回エントリーしたり,エントリーしなくても劇団東演に紹介したりして,「月光の夏」のピアニストに視覚障害者を使ってもらうPRをしてもよいと思いました。

朗読劇はひとり1人の想像力に訴えるものです。
その鑑賞には視覚は必要ありません。
というより邪魔かもしれません。
出演者ができるだけ目立たない格好をするのもそのためです。

戦争と平和を捉え直す朗読劇のピアニストに視覚障害者が登場しても自然に受け入れられるだけでなく,魅力がさらにアップすると思いました。

団体プレゼンテーションにいくと,いろいろな出会いがありますね!

我々の朗読劇の上演ができるようになったら,上演のPRもかねて,エントリした方々にお会いしに行きたいと思います。

その前に上演ができるようにラストスパートをかけたいと思います。
皆さん,よろしくお願いします!
posted by 行徳のマグマ大使。 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 市川市イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

南行徳での駅頭活動でした!

駅頭活動担当は勝亦さんと私でしたが,高橋さんも駆けつけてくれました!

前日読売新聞の記事が出て,投票率が悪いことが公表されたこともあり,この日から市川市では宣伝カーが導入されました。

itikawasicar.jpg

そのせいか,この日は市民の皆さんの引き取りの割合も高かったようです。

勝亦.jpg
posted by 行徳のマグマ大使。 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

船橋の倫理法人会の会合に行ってきました!

今朝,勝亦さんが船橋倫理法人会のモーニングセミナーに行きました。
朝6時30分集合です。

我々が出した手紙に早速反応がありました。
posted by 行徳のマグマ大使。 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

モーツァルト記念合唱団の練習日にPRに行きました!

今日は私が以前属していたモーツァルト記念合唱団が練習をしている会場(市川市民会館)に行って,チラシをまきました。

昨日,ボイストレーナーの小澤先生に連絡して,現在の代表の長田さんをご紹介してもらったのです。
早速連絡をすると,OKの返事がすぐもらえました。

会場でまず長田さんに挨拶すると,一番目立つところに並べてくれました。

チラシ.jpg

長田さん,ありがとうございました!

渡す2.jpg
posted by 行徳のマグマ大使。 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

今日はJP市川駅の駅頭PRでした!

山浦さん、庄司さん、園恵さま、ビラ配りお疲れ様でした。

山浦さんは初めてのビラ配り。
いかがでしたでしょうか?

園恵さんと山浦さん.jpg


庄司さんも言っていましたが,「市川市の1%支援制度で〜す!」と連呼しながら配ると,受け取ってくれるそうです。

私はもっぱら他の団体のビラを受け取ってくれたくれた人に,「こちらもお願いします!」と配っていました。

ビラ配りの後,上田さんと待ち合わせて,無防備の署名運動を展開している事務局に,庄司さんと一緒に行ってきました。

庄司さんが,『地球村』で行った平和の意見書の取り組みについて話してくれたこともあり,「月光の夏」のPRも聞いてくれました。

posted by 行徳のマグマ大使。 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 市川市イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

ミニイベントに初参加しました!

私たちは,ミニイベントに初参加しました。
ナレーターは勝亦さん,チラシ配りは峰田さんと上田さん,
音声は私が担当しました。

立間田.jpg

ミニイベントでのPRはとてもよい印象が伝わったと思います。
司会のボランティア・NPO協動推進課の方も,終わった後,「とてもよい余韻が残りました」と敢えて言ってくれました。

峰田さんと上田さんのビラ配りのタイミングも絶妙!
勝亦さんのナレーションが入るまでにすべて配り終わりました。

PRの時間もばっちり!でした。

皆様,お疲れ様でした。

そのあと,中央公民館に席を映して,市内の地球村の会員の皆さんに手紙とチラシを送る作業をしました。

ちょっと古い名簿だったので,68人分。
どんな反応が返ってくるでしょうか?


さて,明日はJR市川駅での駅頭活動です。

山浦さん,庄司さん,よろしくお願いします。
posted by 行徳のマグマ大使。 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 市川市イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

今日もJR本八幡での駅頭活動でした!

不参加になった勝亦さんが大丈夫になって,高橋さんも途中から参加してくれました。
3人でJP本八幡駅頭でチラシ配り。

今日は市川市で1%支援制度のワッペンを全員分用意してくれました。

ワッペンの3人.jpg

今回配ったのは,市川市用はティッシュペーパーだけで,あとは我々のチラシでした。

ティッシュペーパーは受け取ってもらえるし,チラシは少ない方が負担にはならないでしょう。

いい手を発見しました!

我々の前にチラシを受け取ってくれた人は,我々のチラシも受け取ってくれるのです。

「これってなに?」って聞かれることもありました。
すかさず1%支援制度と我々の事業のことをPRするという訳です。

今日は寒かったので,6時から始まって1時間足らずで終わりになりました。

勝亦さん,高橋さん,ありがとうございました。

このあと,高橋さんに時間をとってもらって,チラシの修正の指示をしてもらいました。また,チラシをもらってもどうしたらその団体を選択することができるのかよく分からないと思われるので,チラシの一番下に
『市民による団体の選択(届出)は4月15日(土)〜5月26日(金)です。この期間,お出かけのついでに,市役所,行徳支所,大柏出張所,南行徳市民センター,情報プラザまたは市内16ケ所の各公民館,分館に,このチラシをお持ちください。身分証明書があれば,その場でこの団体の事業『朗読劇「月光の夏」の上演』を選択できます。(その他の選択法等,詳しい情報は4月15日の市の広報特集号やホームページをご参照下さい)。』
と記すことにしました。

朗読劇PRチラシ白黒.jpg

明後日はいよいよミニイベントです。
皆さん,頑張りましょう!
posted by 行徳のマグマ大使。 at 21:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。