2006年09月30日

杉並東倫理法人会の経営者モーニングセミナーに行ってきました。

法人会の相談役の八橋 力さんに誘われて,お邪魔しました。
八橋さんから,21日の戦略法務研究会でご挨拶したときに,この会を教えていただきました。
300回記念と言うことで人も集まるので「どうぞ朗読劇のチラシをお持ち下さい」ということでした。

それからお手紙も電話も頂き,「朝食会には70名以上が参加するので,チラシはそのぐらいお持ち下さい」とアドバイスもいただきました。

これほど言われて行かない訳にはいかなくなりました。本当に頭が下がる思いでした。
朝4時に起きて,5時前に家を出ると,阿佐ヶ谷には6時過ぎにつきました。会場の新東京会館はもうすでにすごい熱気。

私もいちかわグリーンネットワークのイベントのPRで各地のモーニングセミナーにお邪魔しましたが,杉並東倫理法人会がまた格別の盛り上がりがありました。
講師はイカリ消毒(株)の黒沢真次社長。
この法人会の初代会長も勤めていた方です。

テーマは「徳育人生」

黒沢さんはお父さんの代で創業してまもなく,大変な火災を起こしたとのこと。
昭和38年の戦後最大のビル火災の当事者が黒沢さんの会社でした。
アルバイトの不注意から引火性の殺虫剤にタバコの火が移り,近くにシンナーもあったので,あっと言う間に燃え広がったそうです。
場所は池袋の西武百貨店。
デパートの7,8階に延焼しましたが,梯子車は7階までしか届きません。
結局,夜10時まで燃え続けました。
2フロアを焼き,死者7人。140人の重軽傷者を出す大惨事になりました。

kurosawa1.jpg

当時,池袋西武の店長は堤清二氏。
「死んでお詫びするしかない」と謝罪し続ける黒沢さんに堤さんは「起きてしまったことはしょうがないのだから。君たちはまだ若い。二度と事故を起こさないように頑張って再起して下さい」と励ましてくれました。
その後,事故の事情聴取で呼ばれた消防署で,実は,この仕事には「危険物取り扱い主任者」という資格が必要なことが分かったことが黒沢さんの資格とりの情熱に変わっていきました。

現在,詩吟から自家用飛行機の操縦士,英検2級,ファイナンシャルプランナーなど,82個の国家・民間資格を取得。
年間受注1万5000社までに拡大した社業の従業員のひとり平均の取得資格も7つを数えるようになりました。
「さまざまな資格をもつ人たちがディスカッションをすると,発想がバラエティーなので素晴らしいアイデアが生まれるんだ」そうです。
実にユニークな経営ですね。

黒沢さんの発想の原点はポジティブ。何ごとも前向きに考え,心の経営をめざします。地球環境第一人者のレスター・ブラウン博士を顧問に迎えた環境運動にも熱心です。そして教えられたのは夫婦円満の秘けつ。(1)受け入れ合いから始まり,忘れ合いまでの(51)カ条。

会場には奥様も来ていらっしゃいましたが,とても素敵な方でした。

モーニングセミナーが終わり,朝食の時間。そのときに,朗読劇のPRの時間もとってもらいました。約80人が会場にいたでしょうか?
前もって配ったチラシをもとにPRを行い,チケットも5枚買っていただきました。

素晴らしかった倫理法人会。
杉並東倫理法人会の幹事の皆さん,八橋相談役。
ありがとうございました!

kurosawa2.jpg
posted by 行徳のマグマ大使。 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーなどのイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。