2006年05月21日

最終のミニイベントに劇団東演の方が来てくれました!

この日は,行徳の文化ホールI&Iでのミニイベントでした。
ミニイベントはこの日が最後です。

劇団東演の高橋さんと山田さんとは,お昼の12時に行徳の駅で待ち合わせをしました。

ランチを食べながら打ち合わせをしようと思ったのです。
ランチには,上田さんと高橋さん,山浦さんと勝亦さんが来てくれました。

5分間の団体PRをどうするか…

今までは,勝亦さんや峯田さんが1人で通しでナレーションをしてくれました。この日はせっかく俳優さんが来てくれたので,山田さんにメインの部分をお願いしようということにしました。

それで,はじめに高橋さん,最後の締めくくりは山浦さんということでお願いすることにしました。

山田さんには折角なので,アドリブで朗読劇の素晴らしさとか,この月光の夏で何を訴えたいのかを語ってもらうことにしました。

それから,そのファミレスでそのリハーサル!

高橋さんが読み上げて,山田さんが続きます。

「皆さん,朗読劇は朗読ではありません。劇なのです。役者は本を開いてはいますが,もちろん,すべて覚えています。毎年全国で上演され,8月15日前後では東京で上演されます。
私は特攻隊員にピアノの楽譜を渡した,音楽の先生の役で出ることが多いのですが,彼等が特攻隊として飛び立ったのは,彼らより若い人たちを助けるためです。彼等が命を捨てたのは今の私たちを生かすためでした。それを忘れないでほしい…」

全体で5分をちょっとオーバーしました。
でも,素晴らしいナレーションです。

そして,本番。
ちょっとオーバーしましたが,リハーサルもしていたので,堂々と終わることができました。

皆さん,ご苦労さまでした!

prezentation.jpg

after.jpg

アフターで劇団東演のお二人を囲んで,お茶を飲みました!
posted by 行徳のマグマ大使。 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。